ハシウェブ

Web制作、プログラミングに関する情報を発信するブログ

【1000円もらえる】みんなの銀行の口座開設手順、メリット、デメリットを解説

【1000円もらえる】みんなの銀行の口座開設手順、メリット、デメリットを解説

「みんなの銀行ってあやしくない?デメリットはないの?」

「みんなの銀行の口座開設するにはどうしたらいいの?」

悩み

こんな悩みにお答えします。

みんなの銀行は、ふくおかフィナンシャルグループという上場企業が運営する新しい銀行(デジタルバンク)であるため、何かあやしいサービスではないかと心配する必要はありません。

また、口座をつくるだけで放置していたら口座管理手数料がかかるというようなデメリットはありません。

しいてデメリットをあげるのであれば、

  • スマホでしか口座開設、管理できない (PC不可)
  • デビットカード(キャッシュカード)のリアルカードがない
  • 金利は大手銀行並みの0.001%
  • 振込手数料、ATM手数料は普通にかかる ※非会員の場合

ただ、このデメリットは、普通の銀行を基準に考えている人が思うことで、これからの時代にはメリットになることもあります。

手数料は月額会費600円を課金することで無料になります。

無料でみんなの銀行の口座を開設する

口座開設はスマホアプリからのみです。

「紹介コードがない」という人はこちらの紹介コードを使ってください。
紹介コード:XgoUCjiL

SNSなどではみんなの銀行のなりすましや、みんなの銀行を利用した二次キャンペーンをしている人はいるので、こういったことには気をつけましょう。

この記事では、以下について解説します。

  • みんなの銀行とは
  • みんなの銀行のデメリット
  • みんなの銀行のメリット
  • みんなの銀行の口座開設手順

記事を読み終えると、メリット、デメリットを理解し、安心してみんなの銀行新規口座開設をすることができます。

目次
  1. みんなの銀行とは
    1. 今までにないデジタルバンク(ネットバンクではない)
  2. みんなの銀行のデメリット
    1. スマホでしか口座開設、管理できない (PC不可)
    2. 15歳未満、外国籍、海外居住者は口座開設できない
    3. デビットカード(キャッシュカード)のリアルカードがない
    4. 金利は大手銀行並みの0.001%
    5. 振込手数料、ATM手数料は普通にかかる ※非会員の場合
  3. みんなの銀行のメリット
    1. デザインがおしゃれ
    2. お金の管理をしやすい
    3. スマホだけですべてのサービスが完結する
    4. 無利子で50,000円が借りられる (月額600円で)
    5. お友だち紹介プログラム
      1. 誰かの紹介コードを使って口座開設すると1,000円がもらえる
      2. 自分が友だちを紹介して最大30万円がもらえる(300人を紹介)
  4. みんなの銀行の口座開設手順
  5. まとめ

みんなの銀行とは

今までにないデジタルバンク(ネットバンクではない)

みんなの銀行は、2021/5/28に開業した新しい銀行です。
実店舗はなくスマホだけですべてが完結することができます。

「インターネットだけの銀行なら今までもネットバンクがいくつもあるのでは?」

と、思われる人が多いと思います。

既存のネットバンクは、従来からある店舗型銀行のサービス、システムはそのままで、店舗や人員などのコストをなくしただけの銀行です。
そのため、システム的には画期的なサービスなどをかんたんには取り入れられないということがありました。

おもなネットバンク(ネット銀行)

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • auじぶん銀行
  • ソニー銀行

それが、みんなの銀行(デジタルバンク)は、既存のシステムをすべてリセットし、ゼロからやりたいことをつくっていくという考え方で設立された銀行です。

そのため、今までの銀行になかったサービス、考え方が取り入れられており、今後もさらに良いサービスを追加していくこともスピーディーに行えるとのことです。

みんなの銀行をおすすめする人は、以下のような人です。

  • 新しいもの、サービスが好きな人、興味がある人
  • スマホだけですべてのお金の管理をすませたい人
  • サブスクを払って、50,000円の立て替えを受けたい人

気になる人はみんなの銀行の公式サイトもご覧ください。

みんなの銀行のデメリット

他銀行と比べて違う点、良いわけではない点をデメリットとしていますが、デメリットと感じない人もいます。
口座開設するだけならお金がかからないどころか今なら1000円がもらえます。

スマホでしか口座開設、管理できない (PC不可)

悩み

口座開設、入出金管理など銀行の機能のすべてをスマホすることができます。

「パソコンで操作したい」と思っている人にはこれがデメリットで、パソコンアプリがありません。

パソコンで操作をする必要がないくらいスマホアプリでの操作がしやすいということもいえます。
人によってはこれはメリットかもしれません。

個人的にはパソコンでも管理できるようにしてもらって、好みで選択できるようになるのがいいのかなと思います。

15歳未満、外国籍、海外居住者は口座開設できない

みんなの銀行は誰でも無制限に口座開設できるというわけではありません。

みんなの銀行の口座開設ができる人は以下にあてはまる人になります。

  • 個人
  • 15歳以上
  • 日本国籍
  • 国内居住者

従来の銀行だと新規口座開設に手数料がかかることもある時代なので、15歳未満でもみんなの銀行の口座開設したいという人は多くいるでしょうし、みんなの銀行としても今後の口座開設のターゲットにしていきたい世代だと思います。
法律やいろいろな問題があるのかもしれませんが、今後、年齢制限は引き下げていくのではないかと思います。

外国籍、海外居住者は犯罪などに関係しやすいので、こちらの制限がなくなることは難しい気がします。

デビットカード(キャッシュカード)のリアルカードがない

通常の銀行にある通帳やキャッシュカードは発行されません。

デビットカード(JCB)が発行されますが、これもリアルカードではなくスマホのアプリ内に口座番号などが存在するだけのバーチャルカードです。

キャッシュカードを持ち歩く必要がなく、ATM入出金もスマホだけでできるのでとても便利です。

ちなみに、デビットカードは銀行口座から直接引き落としされるカードです。
ATMから現金を引き落とす必要なく、クレジットカードのように使えます。

キャッシュカードを紛失してしまうことはなくなりますが、スマホを紛失しなくてもスマホが壊れたり充電が切れるだけでも何もできなくなってしまいます。

スマホをつねに使える状態にしておかないと、お金の入出金ができなくなることには注意しないといけません。

金利は大手銀行並みの0.001%

金利は大手銀行並みの0.001%でまったく魅力的な金利ではありません。
みんなの銀行は多くの預金を集めることが目的ではなさそうなので、ここに力を入れることはなさそうです。

すでに多くの預貯金がある人は別の金利の高い銀行に預金するか、証券口座で株や投資信託に投資したほうがいいです。

おもな金利の高い銀行
銀行名 金利 条件
あおぞら銀行 BANK 0.2% 無条件
GMOあおぞらネット銀行 0.11% (通常:0.001%) GMOクリック証券と連携
楽天銀行 0.1% (通常:0.02%) 楽天証券と連携
イオン銀行 0.1% (通常:0.01%) イオン銀行Myステージによって
東京スター銀行 0.1% (通常:0.001%) 給与振込先に指定
auじぶん銀行 0.1% (通常:0.001%) auカブコム証券と連携

※金利や適用条件は変更になることがあります。

みんなの銀行は、多くの余剰資金を預けたり、金利に期待して放置する銀行ではなく、普段使いの銀行として日常的に使うことがおすすめです。

振込手数料、ATM手数料は普通にかかる ※非会員の場合

みんなの銀行は、無料会員だとATM手数料や振り込み手数料は大手銀行と同レベルでまったくお得ではありません。

こういった手数料を無料にしたり便利なサービスを使うには月額600円のサブスク課金が必要になります。

みんなの銀行は、このようにできるだけ多くの有料会員を集め月額会費で利益をだしていくビジネスモデルになっており、従来の銀行とはこの点が大きく違います。

サブスクで月額600円なので、いつでも解約できます。
会員を多く集めたらサービスを改悪したり、会員をだますようなことをすると、あっという間に会員が減っていきます。
この点から、今後のサービスにも手を抜かず期待が持てるのではないかと思います。

みんなの銀行のメリット

デザインがおしゃれ

みんなの銀行のアプリは白黒で統一されており、イラストがとてもおしゃれな感じです。
従来の銀行サイトのようなお堅い企業サイトのような雰囲気はありません。

みんなの銀行のデザインについては、公式noteで解説されています。

お金の管理をしやすい

家計管理

みんなの銀行は、ひとつの口座をつくるだけで複数の用途ごとに仕分けることができます。(Box)

そんなにたいした機能ではないような気もしますが、今までは用途ごとに仕分けたいと思ったときには銀行口座を分けて〇〇銀行は給料入金用とか、✕✕銀行は貯蓄用とか仕分ける必要がありました。

こんなかんたんにできそうで、できていなかったことをみんなの銀行は実現してくれています。

また、みんなの銀行だけでなく、他銀行口座も連携して管理することができます。(Record)
この機能はマネーフォワードの技術を使ってつくられています。
実際に連携先を追加するときの画面がマネーフォワードのブラウザ画面にリンクしています。

家計簿アプリのマネーフォワードなので、サブスクで競合してしまうように思いますが、みんなの銀行のサブスクの一部がマネーフォワードに支払われるようになっているのでしょうか?

業務提携しているのに、マネーフォワードではみんなの銀行を連携できないのは、「なんだかなあ」という感じがします。

以下のカテゴリから連携ができます。

  • 銀行
  • クレジットカード
  • 電子マネー

今のところ証券口座は連携できないので、今後のアップデートに期待します。

マネーフォワード MEはこちらからダウンロードできます。
機能は制限されますが無料で利用可能です。

スマホだけですべてのサービスが完結する

スマホ

みんなの銀行は、パソコンがなくても振り込みなどの操作がスマホで操作しやすくできています。

パソコン操作が慣れている人にはデメリットかもしれませんが、スマホしか持っていないという人にはとても便利でメリットといえます。

無利子で50,000円が借りられる (月額600円で)

50000円

プレミアム会員になる必要がありますが、50,000円を無利子で立て替えてもらうことができます。
言い換えると借金ですね。
このカバー(Cover)という機能はプレミアム会員になるだけでなく、審査が必要になります。

上限が50,000円までなので、借金のように利息で雪だるま式にどんどん増えていくということはないですが、考え方は同じように考えたほうがいいです。

1年後からは会費600円を必ず払っていかないといけません。
50,000円を借りたままで会費600円の支払いをしていかないと、おそらくブラックリスト入りし、ローンなどができなくなる点は注意が必要です。

お友だち紹介プログラム

お友だち紹介プログラム

新規でインターネットサービスがはじまるときにはお決まりですが、まずは圧倒的なシェア、会員数を獲得することが大事になってきます。
そのため、バラマキともとれる「お友だち紹介プログラム」というキャンペーンが実施されています。

ここまでで、「みんなの銀行、わざわざつくる必要ないな」と思った人も、「ちょっと小遣い稼ぎしようかな」と思える金額を稼ぐことができます。

少なくとも無利子で5万円借りられることより、少し努力すれば5万円以上がもらえる可能性があるので大きなメリットです。

誰かの紹介コードを使って口座開設すると1,000円がもらえる

まず新規口座開設するときに、誰かの紹介コードを入力することで必ず1,000円がもらえます。

「口座開設だけじゃなくて、有料サービス入るのが条件とかあるんじゃないの?」
と思うかもしれませんが、条件はまったくありません。
月額600円のプレミアムサービスに入るかどうかは絶対条件ではありません。

みんなの銀行の口座開設はこちらから。
口座開設はスマホからしかできません。

「紹介コードがない」という人はこちらの紹介コードを使ってください。
紹介コード:XgoUCjiL

自分が友だちを紹介して最大30万円がもらえる(300人を紹介)

口座開設すると今度は自分が誰かを紹介することができます。
誰かが自分の紹介コードを使ってくれると、紹介したほうにも一人につき1,000円がもらえます。
この紹介の上限は30万円(300人)です。
これは結構大きいですよね。

友だちを紹介する側になっても、紹介コードを使って口座開設してもらうだけで1,000円がもらえます。
条件はありません。

SNSのフォロワーの多いインフルエンサーならあっという間に上限までいってしまうかもしれません。
そこまでではない人でもうまくやれば、いい小遣い稼ぎになると思います。

あまり強引なすすめ方をすると嫌われるので、デメリットがないことをうまく説明して友だちに紹介しましょう。

ただし、「お友だち紹介プログラム」は予算が決まっているので、現在の条件は変更されたり、終了してしまうことがあります。
「お得に口座開設したい」「紹介料をたくさん稼ぎたい」という人は、できるだけ早く口座開設して、友だち紹介をはじめてください。

みんなの銀行のお友だち紹介プログラムの注意事項については以下の記事で解説しています。

みんなの銀行 お友だち紹介プログラムの注意事項を解説【キャンペーン】

みんなの銀行のキャンペーン「お友だち紹介プログラム」の注意事項について知りたいですか?この記事では、みんなの銀行のお友だち紹介プログラムについて、注意事項についてを解説しています。ぜひご覧ください。

みんなの銀行の口座開設手順

みんなの銀行の口座開設はスマホだけで完結できます。
書類の郵送や印鑑なども必要ありません。

正直、そんなに難しくないので手順を解説する必要はほとんどありません。

「操作方法が不安だな」
という人は、この手順に操作にそって開設手続きをすすめてください。
iPhone11のスクリーンショットなので、別機種やAndroidだと多少見た目が違うかもしれません。

画像をクリックすると拡大され、横スクロールでも見られます。

スマホで「みんなの銀行」アプリをダウンロードします。

アプリのイントロ画面1

アプリのイントロ画面2

アプリのイントロ画面3

アプリのイントロ画面4

アプリのイントロ画面5

アプリのイントロ画面6

アプリのイントロ画面7

通知の確認。
あとから変更できるのでどちらでもかまいません。
自分は「許可」してすすみました。

ログイン画面。
「新規口座開設」をタップしてすすみます。

事前に本人確認書類を用意しておいてください。

注意事項を確認してください。

「同意・申込事項の詳細を確認する」をタップします。

確認したら、✅チェックをします。

「次へ」をタップします。

ここからお客様情報入力にすすみます。

氏名を入力します。

生年月日を入力します。

性別を選択(タップ)します。

携帯電話番号を入力します。

メールアドレスを入力します。

入力したメールアドレスにメールが届きます。
メールに書かれた認証コードを入力します。

住所を入力します。

就業状況を選択(タップ)します。

普通預金口座の取引目的を選択(タップ)します。

入力した内容を確認します。

ここから「本人確認書類アップロード」にすすみます。

本人確認書類を選択(タップ)します。

本人確認書類と、入力した個人情報の内容とが同じか確認します。

マイナンバーカードの場合は写真がある面をスマホのカメラで撮影し、アップロードします。
本人確認書類によっては裏表両面撮影し、アップロードします。

ここから「本人確認ビデオ認証」にすすみます。

画像のようにスマホと本人確認書類を手に持ちます。

画像のようにスマホ画面に自分と本人確認書類をうつします。

「本人確認ビデオ認証」は混み合っていると、画像のような表示がされます。
混雑状況によりますが、10分程度待ちました。

「本人確認ビデオ認証」では、本人確認書類の厚みが分かるように回転させます。

ビデオ通話はアプリではなく、ブラウザで接続します。

ビデオ通話の終了画面です。

ビデオ通話終了後、しばらく確認中の状態になります。
ここでも数分待ちます。

本人確認完了です。

ここから「ログイン設定」にすすみます。

ログインパスワードを入力します。

秘密の質問を選択(タップ)します。

秘密の質問の回答を入力します。

口座開設の申し込みが完了です。
「紹介コード入力してないぞ」と一瞬あせりますが、この後、ログイン後に入力するので安心してください。

ログインします。
さきほど入力したメールアドレスとパスワードを入力します。

SMS送信します。
さきほど入力した携帯電話番号にSMSが送信されます。

SMSに届くメッセージを確認します。

端末の認証ができました。

もう一度、ログインします。

生体認証情報の設定をします。(顔認証、指紋認証など)
あとで設定してもかまいません。

支店を選択します。
自分は「タワーブリッジ支店」にしました。

ATMの暗証番号を設定します。
推測されにくい数字4桁を入力します。

暗証番号・数字4桁をもう一度入力します。

紹介コードを入力します。
紹介コードがない人は
「 XgoUCjiL 」
を入力してください。

紹介コードを入力後、「紹介コードを確認する」をタップします

紹介コードが有効であれば
「¥1,000プレゼント」
と表示されます。

これで口座の設定が完了です。

プレミアムサービスを使う場合は、アップグレードにすすみます。
あとからでもアップグレードは可能です。

口座開設が完了しました。
これで「みんなの銀行」を使っていくことができます。

最初にアプリを使うときはかんたんな操作方法が表示されます。

「Banking」画面。
紹介コードを入力して口座開設した場合、
翌日1時ごろに貯蓄預金に¥1,000が入金されます。
朝7時ころにアプリ、メールに通知がきます。

「Wallet」画面。
普通預金残高とお知らせなどが表示されます。

「Record」画面。
みんなの銀行以外の銀行口座も追加することができます。

まとめ

みんなの銀行について解説しました。

みんなの銀行のデメリットは以下のようなことがあります。

  • スマホでしか口座開設、管理できない (PC不可)
  • デビットカード(キャッシュカード)のリアルカードがない
  • 金利は大手銀行並みの0.001%
  • 振込手数料、ATM手数料は普通にかかる ※非会員の場合

みんなの銀行をおすすめする人は、以下のような人です。

  • 新しいもの、サービスが好きな人、興味がある人
  • スマホだけですべてのお金の管理をすませたい人
  • サブスクを払って、50,000円の立て替えを受けたい人

無料でみんなの銀行の口座を開設する

口座開設はスマホアプリからのみです。

「紹介コードがない」という人はこちらの紹介コードを使ってください。
紹介コード:XgoUCjiL

SNSなどではみんなの銀行のなりすましや、みんなの銀行を利用した二次キャンペーンをしている人はいるので、こういったことには気をつけましょう。