ハシウェブ

Web制作、プログラミングに関する情報を発信するブログ

LG 43UN700-Bを使った感想、レビュー【42.5インチ 4Kモニター】

LG 43UN700-Bを使った感想、レビュー【42.5インチ 4Kモニター】

「43UN700-Bを購入して失敗しないか心配」

「43UN700-Bを使っている人の感想を知りたい」

悩み

こんな悩みにお答えします。

この記事では、以下の内容をまとめています。

  • 43UN700-Bを使ってみての感想、レビュー
  • 43UN700-Bを使ってみて感じたメリット、デメリット
  • 43UN700-Bををおすすめする人、しない人

私は、5年ほどWeb制作の仕事をしており、これまでに160件ほどのWebサイトを制作してきました。
基本的に毎日パソコンを使っているので日々作業の効率化を考えています。

43UN700-Bをパソコンのモニターとして使うことで作業の効率がアップするので、残業や休日出勤をへらすことができたり、多くの案件をこなすことができ収入を増やすことができます。

「スタンドが4本脚でかまわない」
「モニターアームを使うからスタンドは何でもいい」

という人は、スタンドが違うだけの「43UN700T-B」もおすすめです。

目次
  1. レビュー、感想
    1. 商品到着、運搬
    2. 付属品チェック
    3. スタンド組み立て
    4. モニター品質
    5. セッティング
      1. HDMIポートに注意
  2. 実際に使ってみて感じたメリット、デメリット
    1. メリット
      1. 複数のウインドウを大きなサイズで同時に見られる
      2. 画質は思っていたよりきれい
    2. デメリット
      1. セッティング(置き方)がシビア
  3. 43UN700-Bはこんな人におすすめ
    1. おすすめする人
      1. マルチモニター(モニター2台以上)を検討している人
      2. すでに複数台のモニターを使用している人
    2. おすすめしない人
      1. デスクの広さ、奥行きが十分にない人
      2. パソコンのスペックが低い人
      3. 小さい文字が読みにくい人
  4. まとめ

レビュー、感想

購入を決めるまでの流れは以下の記事で紹介しています。

40インチ以上4Kモニター比較6選【おすすめは43UN700-B】

作業効率化のために4Kモニターを検討していますか?この記事では、作業エリアを広げる、目が疲れない4Kモニターを比較検討をまとめました。また、実際にLG 43UN700-Bに決定し、Amazonビジネス・法人価格で購入するまでのプロセスを解説しています。ぜひご覧ください。

この後、実際に購入して使ってみたのでその感想などをまとめていきます。

商品到着、運搬

43UN700-B

42.5インチのモニターなので梱包サイズ(28 x 116 x 65 cm; 17.5 Kg)は結構大きいです。

大人の男性一人で、運べない大きさ、重さではないですが、狭い廊下や階段だと注意が必要です。
一人で運ぶのが心配な人や女性は二人で運ぶほうが安心だと思います。

購入してまだ使ってもいないのに落下させて破損するなんて、誰でも嫌ですからね。

付属品チェック

43UN700-B 付属品
  • CD-ROM
  • 保証書
  • 修理に関するご案内
  • ディスプレイクオリティレポート
  • モニター製品簡単セットアップガイド
43UN700-B 付属品
  • スタンドネック
  • リアカバー
  • スタンドベース
43UN700-B 付属品
  • ケーブルホルダー
  • ネジ4本
  • 電源コード
  • リモコン
  • 単4乾電池
43UN700-B 付属品
  • HDMIケーブル
  • DisplayPortケーブル
  • USB-Cケーブル

取扱説明書は、同梱のCD-ROMに入っています。
CD-ROMドライブがないパソコンを使っている場合は、以下の公式サイトからダウンロードしてください。
あえて、取扱説明書をダウンロードしなくても組み立て、設定で問題は無いですが。

スタンド組み立て

43UN700-B セットアップ

モニター画面を取り出して裏向きに置きます。

画面にキズがつかないように保護シートなどをしいたほうがいいです。

43UN700-B セットアップ

モニターにスタンドネックを取り付けます。

取り付けにはプラスドライバーが必要です。

43UN700-B セットアップ

スタンドネックにスタンドベースを取り付けます。

ネジに取手がついているので手回しできるようになっています。
取手はしっかり締めようとすると折れてしまいそうなくらい弱い感じなので注意してください。

スタンドを運ぶとき、起こすときにスタンドネックの角度調整が思いがけず動いてしまうことがあり、びっくりして落下、転倒しそうになりました。

モニター品質

ドット抜け、トッド欠けは無いようです。

かなり昔、購入したノートパソコンで画面のど真ん中で赤く光っているものがありましたが、サポートセンターに「不良品ではない」といわれ、そのときは泣き寝入りして使っていました。

43UN700-B 白画面

少し気になったのが、白画面にしたとき、右下あたりにやや半円を描いたようなムラがありました。
購入した商品だけなのか、同モデルすべてなのかはわかりません。
個人的には許容範囲かなと思いますが、使用する用途やこだわりが強い人は参考にしていただければと思います。

43UN700-B 黒画面

黒画面では、白画面のときのようなムラは見られません。
写真に撮ると映り込みが気になりますが、実際に肉眼で見るとはここまで気になりません。

セッティング

43UN700-Bをセッティングする前の状態。

43UN700-B セッティング前

縮尺が違うので少しわかりにくいかもしれませんが、左側のモニターは同じモニターもので、右側のモニターを43UN700-Bに入れ替えました。

43UN700-B セッティング後

元々あるEIZOのモニター(左)をメインで正面にして、43UN700-Bをサブモニターでちょっと角度つければいいと思っていましたが、これだと右側のモニターの右のほうを見るのにかなり首を振らないといけません。
首を振って見ているとすごく疲れてきます。

左のメインモニターをもっと左に移動して、左右のモニターでバランスのいい位置にしていったほうがよさそうです。

HDMIポートに注意

43UN700-B ポート

HDMIポートが4つ配置されています。
この4つがどこに接続しても同じというわけではありません。

リフレッシュレートが、HDMI1,2は30Hzで、HDMI3,4は60Hzなので、HDMIケーブル接続時は注意が必要です。

「スタンドが4本脚でかまわない」
「モニターアームを使うからスタンドは何でもいい」

という人は、スタンドが違うだけの「43UN700T-B」もおすすめです。

実際に使ってみて感じたメリット、デメリット

メリット

複数のウインドウを大きなサイズで同時に見られる

これが目的で購入したので当たり前ですが、ちょっと開いておくウインドウでも中身がよくわかるサイズで開いておけるので、サイズを大きくしたり小さくしたりする必要がありません。

画質は思っていたよりきれい

試しにYouTubeの4K動画を見てみましたが、思っていた以上にきれいだと思いました。
元々、そこまで画質にはこだわっていないというのもありますが。

とはいえ、4Kテレビチューナーがないので4K放送が見れるわけでもなく、YouTubeで見れる4K動画はサンプルのような風景や動物の動画ばかりなので今のところ使うことはなさそうです。

しばらくしたら、4Kテレビチューナーも購入しよう。

デメリット

セッティング(置き方)がシビア

一般的に使うモニターサイズよりかなり大きいので、置き方によっては首などに疲れや痛みがでてきます。

作業を快適にしようとして大画面モニターを購入するのに、逆に疲れやすくなっていては本末転倒です。
モニターの置き方などで調整が難しい場合は、以下の方法で解消することができます。

  • デスク自体を変更する
  • モニターアームで設置する

43UN700-Bはこんな人におすすめ

おすすめする人

  • マルチモニター(モニター2台以上)を検討している人
  • すでに複数台のモニターを使用している人
  • 作業エリアを大きくすることで作業がはかどる人
  • ウインドウを多く表示させることで作業がはかどる人

マルチモニター(モニター2台以上)を検討している人

マルチモニターを検討している人は、現在のモニターの大きさに不満がある人だと思います。

43UN700-Bにする場合、マルチモニターにしなくても、1台でモニター4台分の作業エリアにすることができます。
マルチモニターにすれば5台分になります。

すでに複数台のモニターを使用している人

すでに複数台のモニターを使用している人は、かなりの上級者やこだわりが強い人だと思います。

2台くらいだとそこまでではないですが、3台以上になってくるとパソコンの配線まわりやモニターの境目(ベゼル)が気になります。

43UN700-Bであれば、1台で4分割表示しても21.5インチモニターを4台使うのと同じで配線がすっきりし、境目(ベゼル)もなくなります。

おすすめしない人

  • デスクの広さ、奥行きが十分にない人
  • パソコンのスペックが低い人
  • 小さい文字が読みにくい人

デスクの広さ、奥行きが十分にない人

43UN700-Bは、横幅が96.7cmで、スタンドの奥行きが27.5cmです。
デスクが小さいと設置することができませんし、ギリギリで設置するとキーボードやマウスの操作ができません。

デスクのサイズは少なくとも1m以上の横幅、60cm程度の奥行きが必要だと思います。

これは「大きいデスクを購入する」ことで解消できます。

パソコンのスペックが低い人

多くのウインドウを開いて作業するとそれだけメモリが消費されます。
低スペックのパソコンだと大画面モニターを設置しても頻繁にフリーズするようだと、逆に作業が止まってしまいます。

これは「スペックの高いパソコンを購入する」ことで解消できます。

小さい文字が読みにくい人

4分割表示すると21.5インチモニター1台でフルHD解像度のモニターを見ることと同じになります。

文字が小さくて読みにくい場合は、150%や200%表示にすれば文字が大きくなります。
これだとモニターのスペックをいかしきれないです。

ただ、「文字サイズを大きくしたい」、「でも作業エリアは広くしたい」という使い方でもいいのかもしれません。

まとめ

43UN700-Bについて、以下の内容を紹介しました。

実際に使ってみて感じたメリット

  • 複数のウインドウを大きなサイズで同時に見られる
  • 画質は思っていたよりきれい

実際に使ってみて感じたデメリット

  • セッティング(置き方)がシビア

おすすめする人

  • マルチモニター(モニター2台以上)を検討している人
  • すでに複数台のモニターを使用している人
  • 作業エリアを大きくすることで作業がはかどる人
  • ウインドウを多く表示させることで作業がはかどる人

おすすめしない人

  • デスクの広さ、奥行きが十分にない人
  • パソコンのスペックが低い人
  • 小さい文字が読みにくい人

43UN700-Bをパソコンのモニターとして使うことで作業の効率がアップするので、残業や休日出勤をへらすことができたり、多くの案件をこなすことができ収入を増やすことができます。

「スタンドが4本脚でかまわない」
「モニターアームを使うからスタンドは何でもいい」

という人は、スタンドが違うだけの「43UN700T-B」もおすすめです。