ハシウェブ

Web制作、プログラミングに関する情報を発信するブログ

Google Chrome起動時に複数のWebサイトを表示させる3つの方法

この記事は、最初の投稿から1年以上が経過しています。

最終更新から508日が経過しています。

Google Chrome起動時に複数のWebサイトを表示させる3つの方法

「毎日同じページを見るのに、毎日ブックマークから開くのが面倒」
「いつも見るページを自動で起動させたい」

悩み

こういった悩みにお答えします。

目次
  1. Google Chrome起動時に指定のWebサイトを表示させる方法
    1. タブ固定
    2. 特定のページまたはページセットを開く
    3. 前回開いていたページを開く
  2. まとめ

Google Chrome起動時に指定のWebサイトを表示させる方法

タブ固定

起動時に開きたいページのタブを右クリックします。

右クリックで開いたメニューから「固定」をクリックします。

右クリックメニュー

固定にしたタブが左に移動し、アイコンだけの小さなタブになります。
※「×」がなくなり、閉じることができなくなります。

固定タブは複数可能です。
確認した限りでは10個以上固定にできるようです。

Chromeを閉じて次の起動でも、そのまま固定されるようになります。

メリット
設定画面を開く必要がなく、設定が簡単です
作業時に、間違えてタブを閉じてしまうことがなくなります
デメリット
タブを閉じる場合は「固定を解除」をしてから閉じないといけない

特定のページまたはページセットを開く

chrome メニューから「設定」をクリックします。

メニュー「設定」

アドレスバーに「chrome://settings/」をコピペしても設定ページに移動します。

スクロールして起動時「特定のページまたはページセットを開く」を選択します。

「新しいページを追加」をクリックします。

「設定」

開いたウインドウの「サイトのURL」に指定したいページのURLを入力します。
※画像では仮に「https://www.google.com/gmail/」というURLにしています。

「追加」をクリックし、完了です。

「新しいページを追加」

ページは複数追加可能です。
確認した限りでは10個以上追加できるようです。

Chromeを閉じて、次の起動から設定したページが開くようになります。

メリット
起動時だけ見て、すぐ閉じたいページがある場合に有効
デメリット
タブ固定に比べると、ページの追加、削除の設定がちょっと面倒

前回開いていたページを開く

厳密にいうと「指定のWebサイト」ではありませんが、指定もしなくていいという意味で紹介しておきます。

特定のページまたはページセットを開く」の方法で設定ページを開きます

起動時「前回開いていたページを開く」を選択します

「設定」

Chromeを閉じて、次の起動から閉じたときと同じページが開くようになります。

メリット
最初に設定するだけで簡単
デメリット
毎回、同じページが開くとは限らない
開く必要がないページも開いてしまう

まとめ

Google Chrome起動時に指定のWebサイトを表示させる方法を紹介しました。

  • タブ固定
  • 特定のページまたはページセットを開く
  • 前回開いていたページを開く

それぞれの状況にあう設定をしてみてください。

【2020年】Web制作を効率化!HTMLコーディングに役立つ おすすめChrome拡張機能11選

Web制作を効率化したいですか?この記事では、HTMLコーディングに役立つGoogle Chromeの拡張機能を紹介します。拡張機能を使うことでコーディングの作業性が向上します。ぜひご覧ください。