ハシウェブ

Web制作、プログラミングに関する情報を発信するブログ

PayPayカードのメリット・デメリット・申し込み手順を解説

PayPayカードのメリット・デメリット・申し込み手順を解説

「PayPayカードのメリット、デメリットを知りたい」

「PayPayカードを申し込みたいけどどうやってすればいいの?」

悩み

こんな悩みにお答えします。

PayPayカードは、2021/12/1から新規発行されたクレジットカードです。

新規入会すると以下のようなメリットがあります。

  • 新規入会特典で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる。
  • 年会費が永年無料
  • 利用還元1%がPayPayボーナスで貯まる。
  • リアルカードはナンバーレスでセキュリティが安心。
  • スマホのみで申し込み、カード管理ができる。
  • PayPay(Yahoo、ソフトバンク)経済圏グループとの相性がよい

現行のYahoo!JAPANカードを持っている人は、2022/4以降、順次切り替えられていきます。
人によっては1年以上先になることもあるようです。

PayPayカードへの切り替えで以下のようなデメリットがあります。

  • すぐにPayPayカードを発行することができない。
  • Yahoo!JAPANカードを、解約し再発行することはできるが新規特典は得られない。
  • Tポイントを貯められない。
  • PCでカード管理できない

今回、実際にPayPayカードを申し込んでみました。

PayPayカードの申し込み手順

記事を読み終えると、メリット、デメリット、申し込み手順を理解し、安心してPayPayカードを申し込みすることができます。

目次
  1. PayPayカードとは
  2. メリット
    1. 新規入会特典で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる
    2. 年会費が永年無料
    3. 利用還元1%がPayPayボーナスで貯まる
    4. リアルカードはナンバーレスでセキュリティが安心
    5. スマホのみで申し込み、カード管理ができる
    6. PayPay(Yahoo、ソフトバンク)経済圏グループとの相性がよい
  3. デメリット
    1. すぐにPayPayカードを発行することができない (ヤフーカード所持者)
    2. ヤフーカードを、解約し再発行することはできるが新規特典は得られない
    3. Tポイントを貯められない
    4. PCでカード管理できない
  4. PayPayカードの申し込み手順
  5. まとめ

PayPayカードとは

PayPayカードは、2021/12/1から新規発行されたクレジットカードです。

これまであったYahoo!JAPANカード(ヤフーカード)を持っているユーザーは、特に手続きすることなく2022/4以降、順次切り替えられていきます。

会社としての「PayPayカード株式会社」は、2021/10/1に「ワイジェイカード株式会社」から社名変更されています。

Zホールディングスの金融サービスは、PayPayカード以外でも「PayPay」ブランドに社名・サービス名を統一されています。

メリット

新規入会特典で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる

PayPayカードに入会すると無条件で2,000円相当のPayPayボーナスがすぐもらえます。

PayPayカードを実際に3回利用することで、さらに5,000円相当のPayPayボーナスがもらえます。
3回利用に金額の下限はありませんが、PayPay残高へのチャージなどは3回利用の対象外となる利用もあります。

PayPayカードからの特典ではありませんが、ポイントサイトを経由することでさらに多くのポイント還元を得ることができます。

ポイントサイトごとの還元額はそれぞれ違いますし、時期によっても頻繁に変更されるので、タイミングを見計らって申し込むことでよりお得に申し込むことができます。

年会費が永年無料

PayPayカードは年会費が永年無料で、持っているだけでお金を支払う必要はありません。

携帯電話会社系のクレジットカードはどこも同じスペックです。

携帯電話会社系クレジットカード
年会費 ポイント還元率 貯まるポイント
PayPayカード 無料 1% PayPayボーナス
Yahoo!JAPANカード 無料 1% Tポイント
楽天カード 無料 1% 楽天ポイント
dカード 無料 1% dポイント
au Payカード 無料 1% Pontaポイント

利用還元1%がPayPayボーナスで貯まる

PayPayカードで貯まるポイントはPayPayボーナスに統一されます。

還元率は1%で競合するであろう楽天カードと同じで、他クレジットカードと比較すると還元率は高いほうです。

PayPayと連携させたり、各種キャンペーンで使用すればさらに高い還元率が期待できます。

リアルカードはナンバーレスでセキュリティが安心

PayPayカードは最近流行りのナンバーレスカードです。

もし、外出先で紛失してしまっても、拾った人にカード番号を知られてしまうことがありません。

三井住友カード楽天カードもナンバーレスカードを発行しています。

スマホのみで申し込み、カード管理ができる

PayPayカードの申し込みはスマホのみで完結することができます。

PCを持っていない人や、PC操作が苦手という人でもかんたんに申し込むことができます。

PayPayカードの会員ページはこんな感じです。

PayPayカードの会員ページ

PayPay(Yahoo、ソフトバンク)経済圏グループとの相性がよい

楽天経済圏のように、クレジットカード(PayPayカード)を中心にして、今後、PayPay(キャッシュレス決済)、ソフトバンク(携帯電話)など、PayPay経済圏での特典やキャンペーンが多く開催されることが予想されます。

楽天経済圏と比較すると、PayPay経済圏の場合、名称がバラバラで何が同じグループなのかがわかりにくい状態です。

おそらく、買収したサービス、会社がその時点での知名度が高いため、かんたんに名称を変更するのが難しいのかもしれません。

例えば、メッセンジャーアプリ「LINE」を、いきなり「PayPayメッセンジャー」や「ソフトバンクメッセンジャー」に変更しても混乱するだけでしょうし、今ある知名度を捨てるのももったいないです。

そもそも、おおもととなる会社名やサービス名が以前からはっきりしないので、個別のサービスはそのあとの問題という感じもします。

金融関係のサービスについては、PayPayで統一されてきています。

デメリット

すぐにPayPayカードを発行することができない (ヤフーカード所持者)

Yahoo!JAPANカード所持者は、PayPayカードに順次切り替えていくと発表されています。

ただし、2022/4以降で1年以上先になる人もいるようです。

以前から噂されていたので「早くPayPayカードをつくりたい」と思っていたYahoo!JAPANカードユーザーにとっては残念な仕様です。

現在、Yahoo!JAPANカードを持っている人は、以下のページでPayPayカードへの切り替え時期を知ることができます。

ヤフーカードを、解約し再発行することはできるが新規特典は得られない

現在、Yahoo!JAPANカードを持っていて、どうしても早くPayPayカードが欲しいという人は、Yahoo!JAPANカードを解約し、PayPayカードを申し込むことはできます。

しかし、新規入会特典の7,000円相当のPayPayボーナスは対象外となります。

Tポイントを貯められない

Yahoo!JAPANカードからPayPayカードに変わることで、もらえるポイントがTポイントからPayPayボーナスに変わります。

現在、おもにTポイントをためているユーザーにとっては改悪という状態になってしまいます。

ソフトバンク携帯電話料金でもらえるポイントもTポイントではなくなりますが、なぜかソフトバンクポイントという新しいポイントをつくるそうです。
ここはなぜPayPayボーナスで統一しないのか不思議なところではあります。

PCでカード管理できない

PayPayカードはPCでのクレジットカード管理ができません。

PCを使っている人にとっては、小さなスマホ画面でしか操作できないということはデメリットとなります。

PayPayカードの申し込み手順

PayPayカードの申し込みはスマホだけで完結できます。
書類の郵送や印鑑なども必要ありません。

正直、そんなに難しくないので手順を解説する必要はほとんどありません。

「操作方法が不安だな」
という人は、この手順に操作にそって開設手続きをすすめてください。
iPhone13miniのスクリーンショットなので、別機種やAndroidだと多少見た目が違うかもしれません。

画像をクリックすると拡大され、横スクロールでも見られます。

PayPayカード新規入会

PayPayカード・申し込みトップページ

Yahoo!JAPAN IDでログインします。
Yahoo!JAPAN IDを持っていない場合は新規で登録してください。

ここからPayPayカード申し込みに必要な情報を入力していきます。
まず、「氏名・生年月日など」をタップします。

氏名「姓」「名」、氏名(カナ)「セイ」「メイ」、生年月日「例)19990131」(生年月日数字のみ)を入力し、「次へ」をタップします。

郵便番号「例)1234567」(郵便番号ハイフン無し)を入力し、「次へ」をタップします。

郵便番号は入力されています。
都道府県・市区町村・丁目「選択してください」をタップし、郵便番号から自動で取得した住所を選択します。
それ以降の住所を入力し、「次へ」をタップします。

次に、「連絡先・職業など」をタップします。

性別(戸籍上の性別)「男性」「女性」どちらかをタップし、「次へ」をタップします。

携帯電話番号「例)09012345678」(携帯電話番号ハイフン無し)を入力し、「次へ」をタップします。

メールアドレスを入力します。
ご自宅の電話番号(固定電話番号)「例)0123456789」は任意なので固定電話が無い人や入力したくない人は入力不要です。
「次へ」をタップします。

職業「選択してください」をタップします。

職業の選択肢から当てはまるものをタップし、「次へ」をタップします。

世帯人数(ご本人様含め)「選択してください」をタップします。

世帯人数の選択肢から当てはまるものをタップし、「次へ」をタップします。

前年度ご本人様税込年収を入力します。
預貯金額「選択してください」をタップし、当てはまるものを選択します。
「次へ」をタップします。

住宅ローンまたは家賃のお支払い「あり」「なし」どちらかをタップし、「次へ」をタップします。

屋号「例)ペイペイストア」、勤務先の電話番号「例)0123456789」を入力し、「次へ」をタップします。
個人事業主で屋号が無い人は、屋号に自分の名前、勤務先の電話番号に自分の携帯電話番号で大丈夫でした。

PayPayカードの利用目的「日常のお買い物等」「会社の経費のお支払い等」どちらかをタップし、「次へ」をタップします。

次に、「運転免許証の有無」をタップします。

運転免許証「あり」「なし」「運転経歴証明書あり」いずれかをタップし、「次へ」をタップします。

運転免許証番号を入力し、「次へ」をタップします。

次に、「PayPayカードの選択」をタップします。

ブランド「JCB」「Visa」「Mastercard」いずれかをタップし、「次へ」をタップします。

デザイン「横向き」「縦向き」どちらかをタップし、「次へ」をタップします。

これで入力は完了です。
「申込内容を確認する」をタップします。

ここまで入力した内容をスクロールしながら確認していきます。

いちばん最後まできたら「上記会員規約等を全て確認し、適用されることに同意します」をタップ✅し、「上記規約等に同意してSMS認証に進む」をタップします。

入力した携帯電話番号にSMSで認証コードが届くので、認証コードを入力し、「次へ」をタップします。

PayPayカードの支払いに使用する銀行口座を選択します。

「PayPay銀行」「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「楽天銀行」「イオン銀行」「セブン銀行」「ゆうちょ銀行」「ろうきん」はその銀行をタップします。
使用したい銀行が無い場合は、「地方銀行 その他」をタップします。

地方銀行は銀行名からさがして選択します。
その他は「ソニー銀行」「住信SBIネット銀行」「auじぶん銀行」「あおぞら銀行」から選択します。

銀行を選択、タップしたらこの画面になります。ここからは「楽天銀行」を選択した場合です。「楽天銀行」をタップします。

金融機関名「楽天銀行」口座名義人名「(自分の名前)」を確認し、「金融機関へ」をタップします。

楽天銀行のサイトに繊維します。
ユーザID、パスワードを入力し、「ログイン」をタップします。

自動引落設定 確認に遷移します。
設定内容を確認し、設定します。
ここは使用する金融機関(銀行)によって違うので、指示に従って設定してください。

口座設定が終わると、PayPayカードに戻ります。
これで申し込みが完了し審査がはじまります。
「PayPayカードトップ」をタップします。
この画面で待ってたも「審査中」から「利用開始」になるかもしれませんが、2分後くらいに「PayPayカードトップ」をタップしました。

審査がとおっていると、「ご入会ありがとうございます」という画面になっています。
これで申し込み完了し、即クレジットカードが使えるようになります。
リアルカードは後日郵送されてきます。

PayPayカードの会員ページです。
PayPayカードはPCサイトが無いのでクレジットカードに関することはすべてスマホサイトで管理することになります。(スマホアプリも無い)

PayPayカードのリアルカードは申し込み、審査完了後、約1週間で郵送されてきます。
自分の場合は、12/3申し込みで12/9到着だったので、6日でPayPayカードが届きました。

まとめ

PayPayカードのメリット、デメリット、申し込み手順について解説しました。

PayPayカードのメリットは以下のようなことがあります。

  • 新規入会特典で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる。
  • 年会費が永年無料
  • カード利用還元1%がPayPayボーナスで貯まる。
  • リアルカードはナンバーレスでセキュリティが安心。
  • スマホのみで申し込み、カード管理ができる。
  • PayPay(Yahoo、ソフトバンク)経済圏グループとの相性がよい

PayPayカードのデメリットは以下のようなことがあります。

  • すぐにPayPayカードを発行することができない。
  • Yahoo!JAPANカードを、解約し再発行することはできるが新規特典は得られない。
  • Tポイントを貯められない。
  • PCでカード管理できない

特にPayPayをよく利用する人や、ソフトバンクの携帯電話を使っている人は、PayPay経済圏での特典、キャンペーンでさまざまなメリットを得られると予想されます。

docomo、au、楽天ユーザーでも、今後のサービス次第で乗り換えの選択肢が増えるのでサブとしてでもPayPayカードをつくっておいてもよいのではないかと思います。